WEBデザイナーのイメージ

Web
Designer

WEBデザイナーの仕事内容

主に中小企業のコーポレートサイトの制作やリニューアルを行います。
お客様から直接ヒアリングを行い、企画構成からデザイン、コーディング、運用サポートまで一貫して行うので、幅広い知識や技術が身につきます。
その企業がどのような想いで、お客様にサービスを行なっているのか、WEBサイトは企業の想いを届けることができる、重要なツールです。より多くのユーザーに、企業や作り手の想いを伝えられるよう、丁寧なヒアリングを心がけています。
また、名刺や広告などのグラフィックデザインの制作をすることもあるので、今はデザインのみしかできない方でも、徐々にスキルを身につけていけば問題ありません。

仕事のやりがい

▶︎ ヒアリングからサイト公開、運用サポートまで全て携われるので、大きな達成感が得られる。
▶︎ 様々な企業に携われるので、多種多様なデザインを学ぶことができる。
▶︎ 常に新しい技術や発見があるので、自身の成長を日々感じることができる。

ONE DAY

 9:00 朝礼、掃除、ミーティング

朝礼、掃除後はまず、WEB事業部で数分程度の簡単なミーティングを行います。
効率よく作業ができるよう、また大きなミスやトラブルがないよう、こまめな報告・連絡・相談をとても大事にしています。

 10:00 制作業務

一日のほとんどは、社内で制作を行います。
現在はWordpressを使用した制作が主ですが、既存のMovabletypeのサイトもありますので、どちらもある程度の知識が必要になります。

WEBデザイナーのイメージ

 12:00 昼休み

自分で弁当を用意して社内で済ませる人、気分転換も兼ねて外食する人、どちらでも良いです。
午後に備えてしっかりと休みます。
昼休み中は、事務所内を消灯して、心も身体も休息させます。

 13:00 打ち合わせ、問い合わせ対応

お客様との打ち合わせは、基本は電話やメールでの打ち合わせが多いですが、営業担当に同行してお客様先に打ち合わせに行くことや、オンラインでの打ち合わせを行うこともあります。お客様と積極的にコミュニケーションをとっていくことで、よりご要望通りのサイトを作ることができます。

 17:00 ミーティング、日報記入

メールの設定やお知らせの更新サポートなど、WEBサイト制作以外の作業を行うこともあるので、幅広い知識が身につきます。わからないことは先輩社員が相談に乗ってくれるので安心です。
帰宅前には上長への進捗の報告を行います。また、社員全体で共有している社内日報を必ず記載します。

WEBデザイナー

社員インタビューを見る

エントリーはこちら